学校法人入交学園 あたご幼稚園│高知県高知市 市立幼稚園

緊急のお知らせ

お問い合わせ・交通アクセス

教育方針

元気いっぱいの子どもが主役!

本園が最も大切にしていることは、「子どものための幼稚園」ということです!
子どもたちが、自分らしく健康で明るくのびのびと生活できる環境が整っています。
クラスや担任は決まっていますが、自分が全ての園児の担任であるという気持ちで接しています。

子どもたちひとりひとりの個性を大切に

一人ひとりの発見や思いつきを大切にしています。自分で好きなことや楽しいことを見つけ、没頭していく力は、社会人として自分で仕事をみつける力へと繋がります。

コミュニケーション能力の基盤を育む

友だちとやり取りをする中で、自分を調整する経験を促していきます。それは、コミュニケーション能力の基盤となります。また、多くの関わりの中で、規範意識が芽生えるようにしていきます。

感じること!考えること!

お子さんの気付き1つ1つが全て、学びに繋がります。疑問を持ったり、もっと楽しくするために工夫を重ねることが、よく考える力となります。それは、小学校以降の教科学習を、自分の生活と重ねて考えられる力へと繋がっていきます。

幼児期には、意欲や探究心を持って、しっかり遊びこんでいくことが、とても大切です。その経験こそが、将来、新しいことを生み出す力や、問題をより良く解決していく力の基盤になるからです。
日常でふと思いついたアイディア、どうしてだろう?と気になった疑問…。
自分で感じたことに、しっかり向き合っていける時間や空間が保障されています。

たくさんの愛情につつまれ、自分らしく!

ありのままの自分を表出できることを大切にします。はじめは自分が大切 ! 自分の嬉しさもわがままも思いきり表出していきます。
ほどなくして、1人で自分のしたいことをやっていてもつまらないことに気付きます。友だちと2人が楽しい時期、4~5人のグループで遊ぶ方が楽しい時期、そして、集団でお互いの得意なことを生かし合いながら遊ぶ方が楽しい時期へと、行きつ戻りつしながら、成長していきます。全ては、自分の心に正直でいることがスタートです。わがままな気持ちにも甘えたい気分にも必ず意味があります。

毎日の楽しみこそ、成長の糧に!

運動量や、身についていくことの多さは、全て楽しめたことの量に比例します。
あたご幼稚園では、心が掻き立てられるような動機を日常に溢れさせることで、経験を促しています。

子どものつぶやき「先生あのね、へんなことがあったの」(卒園児)

子ども:「先生、あのね!今日算数でね!鳩が10羽いました。
        3羽とんで行きました.何羽のこったでしょう?っていう問題があってね。私、それわんぱーくこうちで見たことあったき、一番に手を上げて言うたがね。 『はい!鳩は3羽だけとんでいくことはありません。とぶときは
        全部一緒にとびます!』けどね、なんか間違いやったみたいでね。なんか変ながよ」

日常の何気ないやりとりから、健やかな育ちを実感しています。

物事には必ずしも答えが一つとは限りません。実生活の中で感じたことや思ったことを、色んな視点から表現できる柔軟な発想を持った子どもに育ってほしいと願っています。

幼児期に育てたい力

教師はつまずかないように教え込むのではなく、「つまずいた時にどうすれば乗り越えられるのか?」と、
子どもが考えられる力を育んで欲しいと考えていきます。

五感を育む
歩んでいける力
生きるための力

あたご幼稚園が考える「のびのび」とは…

わがままな子を育てるのではありません。また、放任でもありません。自分らしくする中で様々なルールに出会い、いろいろな相手と気持ちよく関わり協力しながら、やりたいことを実現している姿のことを指します。要するに、自由の中には「責任」が必要となることに気付いていくプロセスのことを、「のびのび」と表現します。

こんなことをしています

直接体験から文字や数量の興味、関心へ

子ども達は様々な遊びを通して好奇心や探求心を抱くようになります。
友達の名前が書いてある靴箱、泥団子を作った土の重さなど、身近な出会いや遊びの中で、文字や数量など、小学校以降の学習活動に必要な自分で考える基盤を築いていきます。その考えたり出会ったりすることを楽しめる基盤ができる前に、文字書きや計算など、小学校の学習内容だけを前倒ししても、問題解決能力や新しいことを生み出す力には繋がりません。あたご幼稚園には、ワークブックやドリルはありません。そのかわり、子どもが自分から考えたり工夫したりしたくなる動機が日常に溢れています。

当番活動を通して

生活当番、小動物の飼育当番、外当番活動などを通して、子ども達は『誰かの為に…』という気持ちを体験します。相手に喜んでもらえる嬉しさや、しんどいことでも、力を合わせると成し遂げられる喜びが、たっぷりと味わえます。

園外保育、身近な自然と遊ぶ

園内とは違った環境の中で身近な自然に触れることを目的とし、近くの児童公園に遊びに行きます。
四季折々の自然に親しみ、季節の変化にも気付いていきます。
また、毎日取り組む、徒歩降園では、日々の変化を五感で感じたり、地域の方とハイタッチしたりなど、様々な体験が味わえます。